彼氏にしたい選手No.1決定戦

ファイターズが2015年シーズンから行っている企画。彼氏にしたい選手権とも呼ばれる。

概要

ステッカー2016,2017,2018

彼氏にしたい選手No.1決定戦

投票イベント期間中に札幌ドーム女性来場者に配布されるハート型のシールが投票券となり、それを投票したい選手の等身大パネルに貼ることで投票する。

結果

年度 1位 2位 3位 4位 5位
2015 中島卓也
(1004票)
西川遥輝 谷口雄也 大谷翔平 中田翔
2016 中島卓也
(1986票)
大谷翔平
(1904票)
西川遥輝
(1803票)
2017 中島卓也
(2237票)
西川遥輝
(2194票)
大谷翔平
(2156票)
2018 西川遥輝
(4064票)
中島卓也
(4013票)
大田泰示
(2358票)
2019 中島卓也
(2182票)
西川遥輝
(1892票)
大田泰示
(1124票)

上記のように初回から中島卓也が3連覇しており、「彼氏にしたいNO.1の男」としてチームメイトやアナウンサーにいじられることがある。大谷翔平や西川遥輝を抑えて1位になっている要因について中島本人は手の届かなそうな大谷や西川と違って手の届きそうな人だからではと分析したことがある。

2018年には西川遥輝が僅差ながらも中島に勝利。2017年シーズン7月よりテレビ北海道で放送が開始された「週間ナンバー7」という西川単独番組が影響したか? また大谷翔平が抜けた穴を埋める形で3位となったのは大田泰示。ファイターズではまだ2年目な上に既婚者に不利な企画であることを考えると大健闘である。8月18日に放送された週間ナンバー7で同選手権の話題になり、中田翔が「近藤(健介)に負けたら俺はもう…恥や」と言っていたが近藤に50票差くらいで負けたことを西川が明かした。

2019年は前述の週間ナンバー7が終了していたせいなのかまた中島が1位に返り咲いた。

その他写真

↑2018年途中経過。変な場所にシールを貼られる中田翔。

↑2018年途中経過。結構シールを貼られている近藤健介。やはりイケメンか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする