キ〇タマちぎり投げ投法

井口和朋のルーキー時代の投球フォームが自身のキ〇タマをちぎって投げているように見えることからなんJでこう呼ばれている(投球フォームはgif動画参照)。またこの投球フォームのせいで井口自身もなんJで「キ〇タマ」と呼ばれるようになり、本人が2年目以降にキ〇タマちぎり投げ投法をしなくなったにもかかわらずこの呼称は使用され続けている。

玉痛い症

玉井大翔(たまいたいしょう)が氏名の読みからなんJでこう呼ばれる場合がある。ちなみに玉井は井口と同じく東京農業大学北海道オホーツク卒業生である。玉井は道民属性、キ〇タマ属性、大将属性と多くの属性を持っている。

苦悶

公文克彦(くもんかつひこ)の名字が「苦悶」と同音であり、キ〇タマを痛めて苦しんでいることを連想させることからなんJで井口、玉井と同様にキ〇タマ属性を付けられている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする