オリエント急行

2020年8月13日の対千葉ロッテマリーンズ戦の7回裏に起きた内野守備崩壊事件のこと(問題の場面はgif動画参照)。

被害者はこの回に登板した金子弌大で犯人はファースト清宮幸太郎、セカンド渡邉諒、ショート中島卓也、サード横尾俊建の4名。

概要

6対6の同点で始まった上記7回裏、金子はレオニス・マーティンにファーストゴロを打たせるも清宮が後逸し無死1塁に。

その後安田尚憲を空振り三振に抑えたが、次の井上晴哉のサードへの打球を横尾が捕球できず、さらに横尾にぶつかってショート側に転がった打球を中島がとりそこねてしまい一死1,3塁に。

続く清田育宏をサードゴロに抑えたかと思いきや横尾が2塁へ悪送球をしサードランナーが生還。一死1,2塁に。

菅野剛士は空振り三振に抑えて二死とし、続く田村龍弘が放ったショートゴロを中島が捕球。1塁に投げてもいい場面だったが中島は2塁封殺を選択。だが渡邊が2塁に入り遅れたため二死満塁に。

味方の守備に足を引っ張られ続けた金子は続く佐藤都志也に2点タイムリーを浴び、自責0の負け投手になってしまった。

この守備崩壊に呆れたなんj民がピンチでマウンドに集まる内野陣に対して以下のような書き込みをしたため、この事件がオリエント急行と命名された。

566風吹けば名無し (ワッチョイW c298-Lfps)2020/08/13(木) 21:26:08.75ID:JlVQ20a30
マウンドに集まってるのみんな犯人てオリエント急行かよ

元ネタはアガサ・クリスティーの小説「オリエント急行殺人事件」で、乗客全員が犯人なことで知られている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする