スペース便器

札幌ドームのヒーローインタビューに使用される「ギャラクシー号」がネット上でこう呼ばれる場合がある。

概要

スペース便器

2016年シーズンに札幌ドームで行われる試合のテーマが「FIGHTERS GALAXY BASEBALL」であったためそれに合わせてヒーローインタビュー用に宇宙船っぽいお立ち台が作られ、それが「ギャラクシー号」と呼ばれるようになった。しかしその形状が和式の便器に似ていたため、ネット上の一部で「スペース便器」と呼ばれるようになってしまった。

なおギャラクシー号は2017~2018年シーズンにも使用され続けていたが、2019年シーズンより別のものに切り替えられた。

FIGHTERS GALAXY BASEBALLの関連画像、動画

ギャラクシーベースボール

↑左から田中賢介、増井浩俊、中島卓也、陽岱鋼、大谷翔平、中田翔、大野奨太、近藤健介、ブランドン・レアード

↑大谷翔平版CM

↑中田翔版CM

↑陽岱鋼版CM

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする